信頼できるインプラントクリニック@川崎 » インプラントの知っておきたい基礎知識 » 仮歯の役割とは

公開日: |最終更新日時:

仮歯の役割とは

インプラント本体と顎の骨が結合するまでは、歯のない状態が続きます。仮歯とは人工歯を装着するまで一時的に装着する歯のことで、見た目に影響する部分に仮歯を装着することが一般的です。

仮歯の役割

インプラント治療において、仮歯にはどのような役割があるのか確認してみましょう。

役割①「噛める状態」の維持

仮歯があると食事がしやすくなるため、噛める状態を維持する役割があります。人工歯を装着するまで歯がないと日常生活で不便なため、仮歯を使用するメリットは大きいと言えます。

役割②「かみ合わせ」の維持

歯がないと両脇や上下の歯が動いてしまうため、人工歯を待っている間に歯並びが乱れてしまいます。仮歯で正しいかみ合わせを保ち、人工歯を装着するスペースを確保してくれます。

役割③「見た目」の維持

仮歯には、美しい見た目を維持する役割があります。通常のインプラント治療では、3~6か月ほどは仮歯で口元のバランスを保つ必要があります。歯がない状態よりも心理的に負担が少ないでしょう。

役割④傷口の保護

手術の傷を守ることも可能で、インプラント本体への細菌感染を予防します。歯がない状態では噛む力や食事の刺激が直接伝わってしまい、インプラント本体に負担がかかってしまいます。仮歯がインプラント本体を保護する役割もあります。

仮歯が必要な時期

次に仮歯が必要になる時期について確認してみましょう。状態に応じて2つのタイミングがあります。

抜歯即時などの特別な治療の時

即時負荷インプラント(1dayインプラント)は、抜歯してインプラント手術を受けた当日に仮歯を装着する治療法です。顎の骨が十分にある等の条件によって、適応できるか判断が分かれます。

2回法(通常の手術)の時

2回法では、仮歯はインプラント本体を顎の骨に埋め込んだ後に装着します。顎の状態やインプラントの本数によって変動しますが、前歯の治療だとすぐに装着するのが一般的です。奥歯の場合は状況によります。

仮歯の時の注意点

仮歯を装着したときの注意点をご紹介します。適切に取り扱わないと、インプラント治療にも影響を及ぼすため注意しましょう。

硬いものは食べない

仮歯はそこまで耐久性に優れていないため、硬いものは食べないように気をつけます。ガムやリンゴ、硬焼きせんべい、スルメイカなどを避け、インプラント本体が破損しないように配慮することが大切です。

くっつきやすいものもNG

仮歯の破損につながりやすいため、キャラメルやハイチュウ、グミなどの歯にくっつきやすい食べ物も避けましょう。もし仮歯が壊れた場合は細菌感染やかみ合わせ不具合を防ぐために、すぐに主治医へ相談してください。

歯磨きはしっかりする

仮歯だからと歯磨きは怠らないで、しっかりとブラッシングを行ってください。仮歯の歯磨きをおろそかにすると、歯垢が付いて細菌感染が起こりやすくなってしまいます。

川崎市内でインプラントの知識豊富な先生を探す

関連ページ

【川崎市】信頼できるインプラント歯科クリニック

インプラントの知っておきたい基礎知識
インプラント治療の種類
インプラントの医療費控除について
インプラントを長持ちさせる方法とは
川崎市内にインプラント専門医・指導医は何人いる?
そもそもデンタルインプラントとは
インプラントの治療費はいくら?
インプラントの種類
無痛インプラントってどうなの?
インプラントに副作用やリスクはあるの?
インプラントの治療の流れ