信頼できるインプラントクリニック@川崎【かめるなび】 » インプラント手術後の痛みや腫れについて

公開日:|最終更新日時:

インプラント手術後の痛みや腫れについて

インプラント手術は、受ける前や最中よりも術後のケアの方が大切ともいわれています。そこで、受けてみたいけれど術後が不安と思う人が疑問に思っていることを調べてまとめています。ぜひ参考にしてください。

インプラント手術の腫れはいつまで?

インプラントを1,2本程度入れる場合は顎の腫れは比較的軽度であり、外見に変化は見られにくいです。 3本以上入れる場合は腫れることが多く手術後2日後がピークでもっとも腫れますが、1週間程度で腫れは落ち着きます。 腫れや痛みが2週間以上続く場合は感染症が考えられるため、受信する必要があります。

術後抗生剤を処方してもらうことが一般的になっています。抗生剤は口の中の感染症を予防するために処方されているため、服用時点をしっかり守り服用しましょう。 抗生剤を安易に中断すると感染症を引き起こしたり、抗生剤が効きにくい耐性菌が発生する可能性があるため、注意する必要があります。

インプラント術後の痛みはいつまで?

麻酔が切れてから痛みが生じます。個人差が大きいですが早い方で2~3日程度、遅い方で1~2週間程度で痛みがなくなります。骨造成術を行っていない患者さんは痛みが生じにくい傾向にあるため、一緒にもらい痛み止めを服用すると痛みが和らぎます。

麻酔が切れる前に痛み止めを服用し、量を増やしても痛みが改善されない場合は受診する必要があります。手術から数日経過し痛みが軽度になっていけば、定期的に服用せず痛みがあるときだけ服用することも可能です。

造成の腫れはどれくらい続く?

骨造成はインプラントを行うために必要な骨量がたりない場合に行う処置です。 サイナスリフトはソケットリフトに比べ体の負荷が大きく治療期間が長いため、痛みや腫れが続くことが多いです。そのため、痛み止めが効きにくいこともあります。GBRによって骨造成を行う場合は痛みや腫れは1週間程度で和らぎます。

いずれの術式を用いて骨造成を行う場合も痛みや腫れに悩まされ、痛み止めなどの効きが弱いと感じる場合は受診し相談する必要があります。

歯茎手術の腫れはどれくらい続く?

重度の歯周病の際に歯茎を切開し歯石や細菌を目視する手術があります。 切開した後、歯石などをきれいにし縫合を行います。

1週間程度で抜歯を行いその後炎症が落ち着くと腫れはだんだんとひいき行きます。個人差はありますが3~7日程度痛みや腫れが続きます。

抜歯後の食事は普通でいいの?

抜歯後は治療した部分がまだ傷の状態でしっかり塞がっていないため、インプラントの時と同様に刺激物や硬い物などを避ける必要があります。そのため、おかゆやスープなどをぬるい温度で食べることが望ましいです。

インプラントはいつから噛める?食事はいつから?

2~3日間はおかゆやスープなどの柔らかいご飯を食べる必要があります。 手術した側の歯を使用せず反対の歯を用いて咀嚼し、患部に圧力がかかりにくいように注意する必要があります。 また、熱いものや辛い物、アイスなどの冷たい物など歯に刺激を当たるような食事は控えたほうがいいでしょう。

インプラント手術後、お酒はいつから?

1週間程度はアルコールを控えなくてはなりません。アルコールによって血行が早くなり腫れたり出血したりすることがあります。 また、甘い物や酸っぱい物も同様に1週間程度は控える必要があります。

インプラント手術後の入浴は可能?

インプラント術後2~3日はシャワーでさっと洗う程度が望ましいです。 入浴によって血行が早くなり出血や腫れが持続する可能性があります。

インプラント手術後、いつから運動しても良い?

インプラント術後2~3日は運動は控える必要があります。 ジョギングやウォーキングといった軽い運動であれば可能ですが、激しい運動を行うことで炎症や腫れを持続させてしまう可能性があります。

また、長時間デスクワークや睡眠不足によって免疫力が低下し感染症を引き起こしやすい状態に陥りやすいため、軽い運動としっかりとした睡眠をとり免疫力を高めることが重要です。

関連ページ

【川崎市】信頼できるインプラント歯科クリニック

  • インプラント手術後の痛みや腫れについて
  • インプラント治療ができる歯科一覧@川崎市
  • インプラントの知っておきたい基礎知識