信頼できるインプラントクリニック@川崎 » インプラントの知っておきたい基礎知識 » インプラントの痛みはどれくらい?

インプラントの痛みはどれくらい?

インプラントは痛みが伴うものです。では実際、どのような痛みが待っているのか。その点も覚えておきましょう。

外科手術による痛み

インプラントは歯科治療であると共に、外科手術でもあります。歯茎に穴を開けたり、インプラントを骨と結合したり、当然体に大きな負担を与えることになりますので、麻酔が切れてから痛みに襲われるケースは珍しくありません。

骨造成による痛み

インプラントは施術後、インプラントと骨の結合、歯茎に馴染ませるなど自然経過が必要ですが、ここでも痛みが伴うこともあります。骨に直接アプローチするケースもありますので、骨に関しての痛みが出るのも致し方ありません。

抜歯の痛み

インプラントはそれまで生えていた歯を抜いてから土台を埋め込みます。そのため、抜歯の痛みもあります。

注意するべき痛み

インプラント治療後、痛みが出てしまうのは仕方ないのですが、痛みの種類によってはすぐにでも医師に相談した方が良いものもあります。

痛み止めを飲んでも痛みが引かない場合

インプラント治療の後、医師から痛み止めなど薬を処方されますが、痛み止めを飲んでいるにも関わらず、痛みが消えない場合、良きせぬことが起きている可能性があります。この場合、痛みを我慢するのではなく、すぐにでも担当医に連絡しましょう。

5日以上たっても痛みが続く場合

手術から5日以上経過しているものの、痛みが続いている場合も注意が必要です。通常、インプラント手術は数日もすれば自然と痛みが消えていきます。しかし、痛みが消えない場合、想定外のことが起きている可能性があります。

痛みがどんどんひどくなる場合

痛みが消えないどころか、むしろひどくなっている場合もまた、すぐに医師に連絡しましょう。こちらもまた、想定外のことが起きているか、あるいはインプラントとの相性が悪い可能性があります。

頬のあたりがズキズキと痛み、鼻づまりや鼻から膿が出ることがある

細菌が鼻にまで広がってしまっている可能性があります。担当医はもちろんですが、場合によっては耳鼻科での治療も視野に入れておきましょう。

川崎市内でインプラントの知識豊富な先生を探す