信頼できるインプラントクリニック@川崎【かめるなび】 » インプラントの知っておきたい基礎知識 » デンタルローンとは

公開日: |最終更新日時:

デンタルローンとは

デンタルローンとは、簡単にいうと、利用目的を歯科治療費に限定した立替払制度のこと。患者さんに替わり、信販会社が歯科医院に治療費を立替え、患者さんは信販会社に対して、治療費に手数料を加えた額を分割で支払う契約です。

高額治療はローンが組める

インプラントや矯正歯科治療のように、治療費の全額が自己負担になる自費治療は高額です。そのため、信頼できる歯科医院で納得した治療をしてもらうために、月々無理のない負担額で支払うことができるデンタルローンを活用するのも一つの方法です。このように目的があるローンでは、見積もりを出して、必要な費用をまとめて借り入れることができますが、目的以外のことに資金を利用することはできませんし、カードローンのように追加で融資を受けることもできません。金融機関によって金利や限度額も異なりますので、しっかりと準備して検討しておきましょう。

普通の借入・ローンとデンタルローンの違い

高額な医療費を分割払いにする方法は、デンタルローンや多目的ローン、クレジットカードなどがあります。デンタルローンは、高額な歯科治療費に対応できるよう、利用限度額が高く設定されていて、一般的なクレジットカードと比べて、分割払手数料率(金利)が低いのが特徴です。支払い回数は、一般的に6〜84回までの回数の中から選ぶことができます。デンタルローンを利用する機会の多い歯科治療には、インプラントや歯列矯正、審美歯科治療などが挙げられます。

主なデンタルローンを扱う金融機関一覧

イオン銀行

イオン銀行のデンタルローンは、ホワイトニングやインプラント、歯科治療など、歯医者さんにかかる費用ならなんでも利用できます。インターネットバンキングまたはイオン銀行店舗で、一部繰上げ返済、全額繰上げ返済もでき、繰上げ返済手数料は無料です。金利は年3.8%~年8.8%(2021年10月1日現在)、借入れ金額は10万円~700万円、借入れ期間は1年~8年です。

アプラス

自分に合った金額で分割払いができるアプラスのデンタルローンは、歯科医院に備え付けの「デンタルローンのご案内」に記載されているデンタルローンの概要、支払例をあらかじめ確認し、8桁の申込コードを入力して申し込みができます。また、デンタルローンを制約するとTポイントが貯まるお得なキャンペーンも実施しています。

プロミス

プロミスのアプリローンは、急にお金が必要な時でも、スマホで申込みから借入れまでが完結するサービス。セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMのスマホATMで、必要な時に24時間いつでも、カードレスでお金が借りることができます。

MUFG

MUFGのバンクイックは、MUFGの口座を持っていなくても申込が可能で、インターネットなら24時間いつでも申し込むことができます。金利は年1.8%~年14.6%(2021年10月1日現在)、利用限度額は10万円から最高500万円まで。全国のMUFG・セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM・イーネットATMで利用可能でき、借り入れ・返済ともに、ATM利用手数料は無料で、入会金・年会費も無料です。

医療費控除とデンタルローンについて

デンタルローンは、患者さんが支払うべき治療費を信販会社が立替払いをして、その立替分を患者さんが分割で信販会社に返済していくもの。信販会社が立替払いをした金額は、その患者さんのその立替払いをした年(歯科ローン契約が成立した時)の医療費控除の対象となります。

川崎市内でインプラントの知識豊富な先生を探す

関連ページ

【川崎市】信頼できるインプラント歯科クリニック

インプラントの知っておきたい基礎知識
インプラント周囲炎とは
インプラントが保険適用になる条件について
即日噛めるようになる
即時荷重インプラントとは?
侵襲が比較的少ない
抜歯即時インプラントとは?
OAMインプラントとは?
インプラントの治療の流れ
インプラントの種類
仮歯の役割とは
CGF再生療法
サイナスリフト(上顎洞挙上術)とは?
骨量が足りない時に行う
インプラント手術について解説