信頼できるインプラントクリニック@川崎【かめるなび】 » インプラントの知っておきたい基礎知識 » 歯科インプラントをしていてもMRI検査はできる!その理由は?

公開日: |更新日:

歯科インプラントをしていてもMRI検査はできる!その理由は?

かつては、インプラント治療を受けるとMRI検査が受けられなくなると言われていました。

しかし、素材にチタンやジルコニアを使用した現代のインプラントなら、ほとんどのケースでMRI検査を安全に受けることが出来ます。

インプラントはMRI検査ができないとされてきた理由

インプラント治療を受けるとMRI検査が出来なくなるという理由から、インプラント治療を躊躇っている方は少なくないかもしれません。確かに、かつてはインプラント治療をした方はMRI検査を受けることが出来ませんでした。

そもそもMRI検査とは、強力な磁場で身体を透視する検査です。昔、インプラントの素材にはステンレスや鉄が使われていましたが、このステンレスや鉄が磁場に反応すると、

といったリスクがあります。

そのため、インプラント治療を受けるとMRI検査が出来なくなると言われていたのです。

歯科インプラント治療後にMRI検査ができる理由

しかし、現在では、インプラント治療を受けた方のほぼ全員が、問題なくMRI検査を受けることが出来ます。

今日では、インプラントの素材にチタンやジルコニアを使用するのが一般的ですが、チタンやジルコニアは非磁器性金属の一種であり、磁力にほとんど反応しないという特徴をもっています。

そのため、チタンやジルコニア製インプラントであればMRI検査の磁力に反応するということもなく、ほぼすべてのケースでMRI検査を問題なく受けることが出来るのです。

ただし、どんなインプラント治療でもMRI検査を安全に受けられるというわけではありません。中には、チタンやジルコニア製のインプラントであっても、治療後にMRI検査が受けられなくなるケースもあります。

MRI検査で注意が必要なインプラントについて

MRI検査を受けるにあたって注意が必要なインプラントとしては、以下の3つがあります。

磁石を使用するタイプのオーバーデンチャー

インプラントの上から入れ歯を装着するオーバーデンチャーと呼ばれる治療では、インプラントの先端に磁石を取り付けることがあります。この磁石はMRI検査の磁力に反応する危険性が高く、そのため、インプラント自体はチタンやジルコニア製でも、磁石を使ったオーバーデンチャー治療を受けた方はMRI検査を受けられない可能性があります。

ただし、すべてのオーバーデンチャーで磁石を使用するわけではありません。磁石を使わないタイプのオーバーデンチャーであれば、基本的に安全にMRI検査を受けることが出来ます。

ステンレス・鉄製のインプラント

ステンレス・鉄を素材に使用した古いタイプのインプラントの場合、安全にMRI検査を受けられない可能性が非常に高くなります。

チタンやジルコニアが使われているか不明なメーカーのインプラント

格安インプラントを始めとするごく一部のメーカーは、チタンやジルコニア以外の素材でインプラントを作っています。ストローマンやノーベルバイオケアといった実績のあるメーカー以外のインプラントを選んだために、自分のインプラントの素材がチタンやジルコニアかどうか分からない…という場合には、MRI検査を受けるにあたって注意が必要です。

MRI検査ができないと言われたら?

年配の医師の中には、まれにインプラントを挿入していることを理由にMRI検査を拒否する方がいます。そうした医師は、インプラントがチタンやジルコニアで出来ているということを良く理解していない可能性があります。そのため、

について説明すると良いでしょう。

また、どれだけ説明をしてもMRI検査を受けさせてくれないという場合、インプラント治療を担当した歯科医師に事情を説明するのがおススメです。「歯科医院で問題ないと言われた」と言ったらMRI検査を受けさせてくれた、というケースは非常に多く、また、それでも埒があかなければ、歯科医師自らMRI検査の担当医に事情を説明してくれはずです。