信頼できるインプラントクリニック@川崎【かめるなび】 » インプラントの知っておきたい基礎知識 » 侵襲が比較的少ない
抜歯即時インプラントとは?

公開日: |最終更新日時:

侵襲が比較的少ない
抜歯即時インプラントとは?

インプラント治療のときに歯が残っている場合には、抜歯をする必要があります。以前は抜歯をしたあとは傷が治るまで、数ヶ月の間インプラント治療は出来ませんでした。しかし、技術の進歩などがあり、現在では同時にできるようになっています。

抜歯即時インプラントとは

抜歯即時インプラントは、歯肉を切開せずに抜歯窩(ばっしか:抜歯をしたときの穴)を利用して、インプラントを埋入する手術です。抜歯後すぐにインプラント体を埋入すると、創傷治癒力(そうしょうちゆりょく:傷を治す力)により、オッセオインテグレーション(骨との一体化)が促進されるという複数の論文から、実施されるようになりました。歯肉の切開をせずに、手術も1回で済むことが多いので、患者さんの身体的な負担も軽減できます。

抜歯即時インプラントの流れ

まず、抜歯即時インプラントを実施するためには、骨量が十分である必要があります。重度の歯周病などがある場合にも、そちらの治療を優先させますので、抜歯即時インプラントは実施できない場合があります。

骨量や歯周病の確認できたら、まず、抜歯の手術をおこないます。抜歯をすると、抜歯窩は歯肉がなく、すぐに歯槽骨がある状態になりますので、そこにドリルで歯槽骨の穴を開けて、インプラント体を埋入します。

このときに、少し骨量が足りない場合には骨補填材を充填しておきます。ここから先の流れは2つの方法があります。一つはインプラント体の埋入後は、そのままの状態で6ヶ月程度、オッセオインテグレーションが得られるのを待つ方法です。

もう一つは、即時荷重(そくじかじゅう)といって、すぐに仮歯を装着する方法です。どちらになるかは、主治医が口腔内状況から判断していきます。

抜歯即時インプラントのメリット

抜歯即時インプラントの大きなメリットは、抜歯とインプラント埋入という2回分の手術が1回でできることです。この事によって、患者さんの身体的な負担は軽減されると同時に、治療期間も短縮できます。また、多くの場合、治療費用も低く抑えられる可能性が高いです。また、時間の経過とともに抜歯した部位の骨は「骨吸収」という骨が痩せる現象が起こります。骨吸収が進行する前にインプラント体埋入をおこなえることも、大きなメリットと言えます。

川崎市内でインプラントの知識豊富な先生を探す

関連ページ

【川崎市】信頼できるインプラント歯科クリニック

インプラントの知っておきたい基礎知識
OAMインプラントとは?
インプラントの治療の流れ
歯周病の人はインプラント治療ができるのか
歯科医院と大学病院でインプラント治療に違いはある?
デンタルローンとは
ソケットリフト(上顎洞挙上術)とは?
インプラントの寿命について
仮歯の役割とは
ザイゴマインプラントとは?
インプラント治療の種類