信頼できるインプラントクリニック@川崎 » インプラントの知っておきたい基礎知識 » インプラントの治療の流れ

インプラントの治療の流れ

インプラントの治療の流れもある程度把握しておいた方が不安の軽減に繋がります。どの歯科医院で治療を受けるとしても、ほぼ同じ流れになるので覚えておくと良いでしょう。

インプラント治療の流れを解説!

インプラントの埋め込み

まずはインプラントの土台部分を埋め込みます。 歯茎に穴を開ける大掛かりな手術になりますので、事前にCTの撮影やどのような手術になるのかなど入念な説明が行われます。施術そのものは数時間程度で終わるのですが、埋め込んだ土台と歯茎、さらには骨に密着させるまでに時間がかかります。

義歯の作製・装着

土台が歯茎や骨に馴染んだら土台の上に装着する義歯をはめ込みます。 義歯の作製は手術の前の段階から進められていますので、インプラントが歯茎や骨に馴染んだら装着します。義歯も様々な種類があり、それぞれ特徴や費用が異なりますので、自分に合った義歯を選ぶと良いでしょう。こちらもまた、よく分からないのであれば医師にしっかり説明してもらいましょう。

メンテナンス

インプラントは手術で終了ではありません。義歯を装着した後も、定期的なメンテナンスが必要です。材質によっては義歯が割れたり折れたりしてしまいますし、歯周病も気にしなければなりません。それらはインプラントに対して専門知識のある歯科医師のメンテナンスが必要です。

インプラント治療の期間

インプラント治療の期間は医師への相談から義歯の装着までと考えると、数か月はかかります。しかし、数か月頻繁に歯科医院まで足を運ぶのではなく、とある部分に2カ月から3カ月の時間が必要になります。

また、埋め込んだインプラントが骨に馴染むまでは自然経過を待たなければなりませんので、治療後のリカバリーを含めるとさらに時間がかかります。「インプラントの治療は数か月かかる」と聞くと、数か月に及ぶ定期的な検診・通院が待っているものだと想像する人も多いかと思いますが、実際には馴染むのを待つ時間の方が長いので、決して頻繁に足を運ぶわけではありません。

川崎市内でインプラントの知識豊富な先生を探す