信頼できるインプラントクリニック@川崎 » インプラントの知っておきたい基礎知識 » 無痛インプラントってどうなの?

無痛インプラントってどうなの?

インプラントに対し「痛そう」「怖い」といった恐怖心を抱えている人が多いのも事実です。 治療によって大きなメリットを得られると分かっていても、恐怖心のおかげでどうしても一歩が踏み出せない…。 そんな患者のために登場したのが「無痛インプラント」です。 さすがに「まったく痛みがない」とまでは言い切れませんが、通常のインプラントよりも痛みを軽減できます。

無痛インプラントの仕組みは?

無痛インプラントは麻酔法の一種です。 全身麻酔ではなく、部分的に麻酔をかけますので意識はあります。 但し、痛みは感じにくくなります。 体への負担も全身麻酔程ではありません。

無痛インプラントのメリット、デメリット

メリット

最大のメリットが「恐怖心の緩和」です。 インプラントは自分の口の中の治療になりますので、恐怖心があって当然です。しかし無痛インプラントであれば不安や恐怖心を和らげます。 治療に対して前向きな気持ちになれる点は何よりも大きなメリットです。

デメリット

麻酔から覚めた後でも、患者の体調によっては、自力での帰宅が難しい場合もありますので、その場合、家族等に迎えをしてもらう必要があります。自分自身では大丈夫だと思っても、医師の判断で自力での帰宅は許可できない…といったケースもあります。

全身麻酔ほど体に負担をかけるものではありませんが、それでも体に多少の負担がかかりますので、中には気分が悪くなってしまう人もいます。過去に麻酔で気分が悪くなった経験がある場合、同じように気分が悪くなる可能性が高いので、事前に医師に申告しておくと良いでしょう。

別途麻酔の費用も必要です。費用を抑えたい人にとってはこの点もデメリットの一つです。

麻酔が効くまでは待機するしかありませんので、治療の時間が長くなってしまいます。 どれくらいで麻酔が効くかは体質によって個人差がありますが、麻酔を使わない時よりは数十分から1時間程度治療時間が長引くことになります。

川崎市内でインプラントの知識豊富な先生を探す