信頼できるインプラントクリニック@川崎 » インプラントの知っておきたい基礎知識 » インプラントの種類

インプラントの種類

インプラントの被せ物(上部構造)とは?

インプラント治療において、被せ物(上部構造)選びが重要。被せ物とは、インプラントとして建てる歯のことを指しています。

インプラントとは、歯茎に穴を開け、土台を埋め込みます。その土台に「歯の代用品」となる被せ物を装着させるのですが、被せ物にもいくつかの種類があります。それぞれ特徴が異なるので、医師とよく相談した上で決めると良いでしょう。

被せ物の素材は5種類

インプラントの被せ物は大きく5種類に分類することができます。それぞれどのような特徴があるのか把握しておくと良いでしょう。

金属

歯科治療において一般的に使われる、いわゆる「銀歯」の外見となります。割れるリスクが少ないため長期間の利用に適している点や、費用を抑えることができる点がメリットです。

一方で、見た目が「銀歯」なので、見た目を重視する人には向いていませんし、金属アレルギーのリスクもあります。

セラミック

セラミックは金属ではありませんので、金属アレルギーのリスクがない点、さらに天然の歯に近い外見なので見た目を気にする人にも適しています。耐久性も申し分ないものの、割れやすい点には注意が必要です。

オールセラミック

部分的にセラミックを利用するのではなく、すべてセラミックを用いる手法です。すべてセラミックにすることで、さらに通常の歯に近い色をだせるので審美的にも優れています。セラミック同様、金属アレルギーのリスクもありませんが割れやすいなど、セラミックと似た特徴となっています。

ハイブリッドセラミック

プラスチックとセラミックを混ぜた素材です。見た目もより天然の歯に近付き、さらには費用の軽減やメンテナンスも口腔内で可能になるなどメリットは多いのですが、プラスチック成分が時間と共に変色する点は注意が必要です。

ジルコニア

綺麗な歯、そして歯茎に馴染む点など審美的に最も優れているのがこちらです。さらに金属ではありませんので金属アレルギーの患者でも問題ない点や、柔軟性がある材質なので、他の歯や歯茎への負担も、他の被せ物よりも軽減されます。ただし、他の材質と比べて費用が高い傾向があります。

被せ物の寿命は?

被せ物の寿命はおよそ10年とされていますが、ライフスタイルによって変わります。例えば歯ぎしりの癖がある方や、スポーツを行っていて歯に力を入れることがある等、歯に負担をかけてしまう場合には10年に満たない期間で寿命となってしまいます。

インプラントを長持ちさせるためにも、定期的にクリニックで健診を受けて、インプラントの状態を把握しておくことが重要です。

川崎市内でインプラントの知識豊富な先生を探す