信頼できるインプラントクリニック@川崎【かめるなび】 » インプラントの知っておきたい基礎知識 » オールオン4とは?

公開日: |最終更新日時:

オールオン4とは?

オールオン4は、上顎や下顎の全歯列を人工歯にできる、言わば総入れ歯のような治療です。今まで全歯列を支えるためには、10本程度のインプラント体が必要でしたが、このオールオン4は4本なので、身体への負担も軽減できます。

オールオン4が向いている人

オールオン4が向いている人、適応になる人は、まず、無歯顎(むしがく:歯がない状態)の場合です。上顎か下顎、あるいは、どちらも無歯顎であれば、治療が実施できます。また、歯が残っていても数本だけであり、近い将来抜け落ちてしまうような場合には、「戦略的抜歯」と言って、抜歯をおこなってオールオン4にしたほうが口腔内環境が良くなると判断されれば、治療を実施します。健康な歯が多く残っている場合には、単独のインプラントを検討するのが一般的です。

オールオン4のメリット

オールオン4が登場するまでは、無歯顎の場合、10本以上のインプラント体を埋入する必要がありました。そうなれば、身体への負担も相当大きくなりますし、費用もかかります。それを解決したのが、オールオン4です。4本(口腔内状況により6本以上の場合もあります)のインプラント体を埋入するだけで全歯列を支えることが出来ますので、手術の負担は軽減されますし、費用も削減されることになりました。今までは、総入れ歯の選択肢しかありませんでしたので、入れ歯が合わない場合には非常に苦労していました。総入れ歯と比較して、オールオン4では違和感を感じる人が少ないので、大きな選択肢が増えたと言っても良いでしょう。また、この治療の特徴として、即日で仮歯が入るので、制限はあるものの噛めますし、審美的にも負担がありません。

オールオン4のデメリット

先のメリットの項では、費用を削減できると書いていますが、健康保険が適用される総入れ歯と比較すれば、かなりの高額となり、それもデメリットの一つと言えるでしょう。また、歯を失っている方のなかには、健康状態があまり良くない場合もあります。手術を伴うオールオン4では、健康状態により実施できないこともあります。そして、この治療に関しては、インプラント治療をおこなっているからといって、どのクリニックでも受けられるわけではありません。専門性がある治療ですから、ある程度実施しているクリニックは限られてしまいます。

オールオン4の治療の流れ

オールオン4の治療は、まずカウンセリングと検査から始まります。歯科用CTなどで精密に検査をして、どのようにインプラント体を埋入するのかをコンピュータ上で精密にシミレーションする必要があります。準備が整えば、手術をおこないます。基本的には局所麻酔ですが、ウトウトした状態になる静脈内鎮静法も希望すれば実施できます。手術後はすぐに仮歯を装着(翌日になることもあります)しますので、柔らかいものなら噛むことができます。最終的に6ヶ月程度で本来使用する人工歯を装着することができるでしょう。

川崎市内でインプラントの知識豊富な先生を探す

関連ページ

【川崎市】信頼できるインプラント歯科クリニック

インプラントの知っておきたい基礎知識
インプラントの痛みはどれくらい?
インプラントの寿命について
インプラントを長持ちさせる方法とは
OAMインプラントとは?
インプラントとその他の治療方法の違い
CGF再生療法
そもそもデンタルインプラントとは
インプラントの治療費はいくら?
即日噛めるようになる
即時荷重インプラントとは?
デンタルローンとは