信頼できるインプラントクリニック@川崎【かめるなび】 » インプラントの知っておきたい基礎知識 » ソケットリフト(上顎洞挙上術)とは?

公開日: |最終更新日時:

ソケットリフト(上顎洞挙上術)とは?

ソケットリフトとは、上顎の前歯以外の部位でインプラント治療を受ける際に骨の高さが足りないと判断されたときに受ける骨造成術です。インプラント体埋入手術と同時に実施できるので、治療期間の短縮にもつながります。

ソケットリフトが向いている人

ソケットリフトが向いている人は、まず、上顎で前歯以外の部位で骨の高さが足りないと判断された人です。ただし、おおよそ5ミリ以下の場合には、ソケットリフトよりも多くの骨量を補えるサイナスリフトのほうが向いている場合があります。

ソケットリフトの場合は、骨の高さがおおよそ5ミリ以上の人に向いていると言えます。どちらの術式にするかは。歯科用CTスキャンなど、精密検査をしてから、主治医の判断を仰ぎましょう。

ソケットリフトのメリット

ソケットリフトの大きなメリットのひとつは、骨の高さが足りない状態でも、インプラント治療を受けられる可能性が高まることです。上顎は骨の厚みが薄いため、おおよそ10ミリ以下だとインプラント治療が難しくなります。

上顎のすぐ真上には、上顎洞(じょうがくどう)という空間があって、骨の厚みが足りないと、インプラント体が、この上顎洞に突き出てしまうのです。そうなれば、炎症を起こして、インプラントを抜去する必要が出てきます。

そうならないためにも、ソケットリフトはメリットのある方法です。また、同じく上顎洞挙上術のサイナスリフトと比較して、インプラント埋入手術と同時におこなえて、侵襲も少ないので、患者さんの身体的な負担も少ないです。

ソケットリフトのデメリット

ソケットリフトのデメリットは、骨造成の範囲が限定的なことです。サイナスリフトのように広範囲ではないので、隣接する複数の歯でも、1本1本処置する必要があります。

また、骨の高さもサイナスリフトのように多く増やすのには不向きな方法と言えます。

手術方法として、インプラント体を埋入する穴から、シュナイダー膜を押し上げますので、術野が見えにくく、患部の状態を目視しづらいこともデメリットとして考えられます。ただ、歯科用CTスキャンなどで、十分な検査がおこなわれていれば、リスクは低いと考えて良いと思います。

ソケットリフトの治療の流れ

ソケットリフトは基本的にインプラント体埋入手術と同時におこないます。

歯肉を切開剥離した後、ドリルで埋入のための穴を開けます。その穴に「オステオトーム」という特殊な器具を挿入して、上顎洞を覆っているシュナイダー膜を押し上げるのです。そして、押し上げたスペースに骨補填材を挿入して、インプラント体を埋入します。

2回法の場合には、歯肉を縫合して、オッセオインテグレーションを獲得後にアバットメントと人工歯を装着します。骨の状態が良ければ、縫合をせずに、即時荷重と言って、そのまま仮歯を装着することもあります。

川崎市内でインプラントの知識豊富な先生を探す

関連ページ

【川崎市】信頼できるインプラント歯科クリニック

インプラントの知っておきたい基礎知識
インプラントの種類
インプラントの治療の流れ
インプラントの治療費はいくら?
即日噛めるようになる
即時荷重インプラントとは?
川崎市内にインプラント専門医・指導医は何人いる?
インプラントとその他の治療方法の違い
デンタルローンとは
オールオン4とは?
無痛インプラントってどうなの?
CGF再生療法