信頼できるインプラントクリニック@川崎【かめるなび】 » インプラントの知っておきたい基礎知識

公開日:|最終更新日時:

インプラントの知っておきたい基礎知識

インプラント治療について、あらかじめ自分でも予備知識をつけておくと歯科医師との相談時に役立ちます。このカテゴリでは、インプラント治療における基礎的な知識をいくつかピックアップしてご紹介します。

インプラントの種類

インプラントには様々な種類があります。歯茎に穴を開けて土台の上に義歯を装着するインプラントですが、義歯にも実は様々な種類があるのをご存知でしょうか?ここでは、インプラントの種類や材質に関して紹介します。

インプラントの治療費はいくら?

インプラントは自由診療のため、高額な治療となります。ここでは、具体的な費用感や、費用の安いインプラントの安全性について迫ります。

川崎市内にインプラント専門医・指導医は何名いる?

インプラント治療のクリニック選びの指標として「インプラント専門医」「インプラント指導医」が在籍しているかどうかが挙げられます。この資格は、厳しい学会の試験や条件をクリアした歯科医師のみが取得出来る資格です。ここでは、そもそもどういった資格なのか、川崎市にはインプラント専門医や指導医が何名いるのかを調べて紹介します。

インプラントを長持ちさせる方法

インプラントは一度の治療で、一般的には10年持つと言われています。ただし、歯科医師の腕や使用するインプラントの材質、普段のメンテナンス状況によって維持出来る期間は大きく変わります。ここでは、インプラントを長く維持するためのポイントについて詳しくまとめています。

インプラントの治療の流れ

インプラント治療はカウンセリング後にすぐに手術が出来るようなものではありません。事前準備として色々な計画を立てた上で進める必要がある治療です。このページでは、インプラントがどのような流れで治療が行われるのかを説明します。

インプラントの医療費控除について

インプラントは高い費用ではありますが、医療費控除の対象です。 実際にどれくらい控除されるのかに迫ります。

無痛インプラントってどうなの?

「無痛インプラント」と呼ばれる手法はどのようなものなのかや、メリット・デメリットをチェックしてみました。

インプラントの痛みについて

インプラント治療の痛みはどれくらいなのかや、気を付けなければならない痛みについて調べてみました。

インプラント治療の種類

インプラント治療の種類をまとめました。骨の幅が狭い方に向いている「OAMインプラント」や歯ぐきを切らない「フラップレス手術」、抜歯してすぐにインプラント手術を行う「抜歯即時インプラント」を解説しています。

インプラントを埋め込んで人工歯をすぐに装着する「即時荷重インプラント」をはじめ、歯が少ない方に適している「オールオン4」もご紹介。顎の骨量不足を補う骨造成や再生療法についても触れており、インプラント治療の基礎知識を連れる際に役立つ内容です。

歯科医院と大学病院でインプラント治療に違いはある?

インプラント治療において、歯科医院と大学病院ではどのような違いがあるのかを解説しています。それぞれの役割やメリットとデメリットをまとめたので、どちらが自分にとって向いているか考えてみましょう。

クリニック選びの注意点を検証しており、信頼してインプラント治療を受けられる医療機関の見極め方をまとめました。これから医療機関を探したい方にとって、役立つ情報が満載です。ぜひ、参考にしてみてください。

そもそもデンタルインプラントとは

「そもそもデンタルインプラントとは何か?」という疑問についてお答えしています。虫歯や事故で歯を失った場合に適応できる、3つの治療法(インプラント・ブリッジ・入れ歯)の比較をまとめました。

さらに、インプラントと差し歯の違いや、インプラントの治療ステップもご紹介しています。一般的なインプラント治療のリスクや治療期間、構造にも解説しています。これから失った歯の治療法を決めたい方にとって、役立つ情報をご確認いただけます。

仮歯の役割とは

通常は人工歯を装着するまでに4~6か月ほどかかります。その期間に仮歯を装着するため、仮歯の役割や必要なタイミングについて解説します。仮歯は人工歯(最終的な歯)よりも耐久性はありません。

仮歯を装着中の生活では注意しないと破損や脱着の危険があるため、注意して過ごしましょう。もし破損した仮歯をそのまま放置してしまうとインプラント本体にまで悪影響を及ぼしてしまいます。仮歯を装着中の注意点をまとめたので、参考にしてみてください。

インプラントと天然歯の違い

よく、インプラントは「自分の歯のように噛める」などと言われます。しかし、人工歯である以上、まったく同じというわけではありません。噛んだときの感触など、さまざまな違いがありますので、どのような点が違うのか、詳しく解説していきます。

インプラントの寿命と長く使うためのポイント

インプラントは「一生涯使える歯」と言われることもあるほど、長持ちします。しかし、一方では、長く使うためのポイントを守っておかないと、数年で脱落してしまうこともあるのです。今回はインプラントの寿命と、長く使うためのポイントを解説します。

インプラント治療に保険は適用されるか

「インプラント治療は高価だから・・・」というイメージを持っている方も多く居ると思います。確かにほかの治療方法と比較すると高価に感じますが、これは、自由診療であるためです。では、インプラント治療で保険適用されるケースはあるのでしょうか?

インプラントとその他の治療方法の違い

歯を失ってしまった場合、インプラント治療以外にも、差し歯やブリッジ、入れ歯など、治療の選択肢は数多くあります。それぞれに、メリット、デメリットがありますので、治療を実施するときには、よく検討する必要があります。

デンタルローンとは

インプラント治療は、ほかの治療と比較して高価な治療です。それは、健康保険の適用が無いためで、価格がネックになって治療に踏み出せない方も多いのではないでしょうか。しかし、歯科治療に限定したローンがあることは、あまり知られていないかもしれません。デンタルローンについて解説します。

インプラント周囲炎

「インプラント周囲炎」という言葉はあまり聞き慣れないかもしれません。しかし、インプラント治療を受けた方にとっては、非常に重要で注意しなければいけない疾患なのです。歯周病と同じような症状ですが、進行が早いのが特徴です。

歯周病の人はインプラント治療ができるのか

日本人が歯を失ってしまう原因の多くが歯周病と言われています。歯周病は歯周病菌の作用によって歯槽骨が吸収されてしまう病気です。では、骨の量がポイントとなるインプラント治療は歯周病でも可能なのでしょうか?詳しく解説していきます。

OAMインプラント

「OAMインプラント」という名称を聞いたことのある方は少ないと思います。これは、「大口式」ともいわれるインプラント治療の術式のことです。大口先生が開発したもので、従来の手術方法とは違い「骨を削らない」手術方法となっています。

CGF再生療法

「CGF再生療法」という名称は、あまり聞き慣れない方も多いかもしれません。これは再生医療の一種で、歯科領域だけではなく、外科治療一般に使用されているものです。自分の血液を使用して、骨の再生や創傷治癒を促進させます。

オールオン4インプラント

今まで無歯顎(むしがく:歯がまったく無い状態)の方は総入れ歯か、10本程度のインプラントを埋入するかという選択しかありませんでした。それを変革したのがオールオン4インプラントです。この治療方法は4本のインプラント体で歯列全体を支える画期的な方法です。

抜歯即時インプラント

通常のインプラント治療では、歯根やダメになった歯が残っている場合には抜歯をおこなって、その傷が治るまで待機をしてからインプラント体の埋入手術をおこなっていました。しかし、それでは治療期間が長くなるため、開発されたのが抜歯即時インプラントです。

即時荷重インプラント

今までのインプラント治療では、インプラント体の埋入後オッセオインテグレーション(インプラント体と顎骨の一体化)を獲得できなければ噛む事ができませんでした。しかし、歯が無い状態をなんとか短期間にしようと開発されたのが、即時荷重インプラントという方法です。

サイナスリフト

インプラント治療は、骨の高さが重要です。特に上顎のインプラントは、骨が足りないと上顎洞(じょうがくどう)という鼻の奥にある空洞にインプラントが突き抜けてしまいます。そうならないために、上顎の前歯以外に適応となる骨造成法がサイナスリフトです。

ソケットリフト

ソケットリフトは、上顎の前歯以外に適応される骨の量を増やす手術です。上顎の骨はもともと薄いので、骨の量が足りないことはよくあります。そこで、インプラント手術と同時におこなえる方法として、開発されたのが、ソケットリフトなのです。

ザイゴマインプラント

無歯顎(むしがく:歯がまったく無い状態)で上顎の骨が極端に薄い場合には、インプラント治療が非常に困難になる場合が多いです。そこで、オールオン4を応用して開発されたのがザイゴマインプラントです。これは、頬骨にインプラント体を埋入するという、画期的な方法です。

関連ページ

【川崎市】信頼できるインプラント歯科クリニック

  • インプラント手術後の痛みや腫れについて
  • インプラント治療ができる歯科一覧@川崎市
  • インプラントの知っておきたい基礎知識