信頼できるインプラントクリニック@川崎【かめるなび】 » インプラントの知っておきたい基礎知識 » 歯周病の人はインプラント治療ができるのか

公開日: |最終更新日時:

歯周病の人はインプラント治療ができるのか

日本口腔インプラント学会「口腔インプラント治療指針2020」によると、歯周病はインプラント禁忌症の一つとされています。

歯周病だとインプラントが受けられない

歯周病患者が治療を受けても、残った歯の骨量の低下により歯を支える能力が不足しているため、インプラント治療に対応できないことがあるようです。歯周病が原因で歯が抜けてしまっている場合は、残っている歯が抜けている歯を補強する装置を維持する歯としての機能を果たせないことが多いといわれています。インプラントはあごの骨に人工歯根を埋め込む手術。機能を果たせていなければ、インプラント治療は難しくなります。

歯が1本もない顎の状態の患者にインプラント治療を行い、口腔内に存在している細菌を調べたところ、歯周病の原因となる細菌を検出する頻度は低かったのですが、歯が1本以上残っている患者では、グラム陰性菌やスピロヘータなどの細菌の比率が高いという報告もされています。インプラント治療を実施して機能を回復したとしても、隣合わせの歯の歯周ポケットに細菌が感染しているケースもあるようです。では、歯周病患者がインプラント治療を受けるにはどうすればよいのでしょう。

歯周病患者がインプラントを受けるには

歯周病患者がインプラントを受けるには、歯周病を治す必要があります。一般的な治療の時期や流れについてご説明します。

まずは、歯周組織検査を行います。歯周組織検査の内容は、プラーク(歯垢)の付着状態、歯茎から出血していないかどうか、歯周ポケットの深さ、歯のぐらつき具合など。検査後、治療計画を立てます。残っている歯の状態で上顎と下顎のかみ合わせが安定している場合を例にとって流れを見ていきましょう。

歯周病の基本的な治療を行い、回復をしていれば、インプラント治療がスタート。回復していなければ、歯茎を切開し、歯周ポケットの奥深くに残っているプラークや歯石などを確認して取り除いてから、インプラント治療を開始します。

歯周病治療は長くかかることが多く、回復または病状が安定しても、メンテナンスや歯周組織を維持するために定期的にかみ合わせのチェックやクリーニングを行なわなければなりません。

歯周病患者へのインプラント治療例

歯周病患者に対する骨接合型インプラントの治療成績に関する臨床的研究

骨接合型インプラントによる機能回復法は予知性が高く、永続性にも優れていることがこれまでの臨床研究によって明らかになっています。

歯槽骨吸収が高度な慢性歯周炎患者に対する骨増大術を 併用した骨接合型インプラントによる歯周治療

歯周病による歯の喪失は、多くの場合、顎堤の欠損を引き起こし、最終的には咀嚼機能を低下させます。残存歯の歯周組織破壊されていることから、固定性ブリッジの支台歯や可徹性義歯の鉤歯にした場合、残存歯に対する咬合負担が過剰になり、永続性が低下することも少なくありません。そのため、重度の歯周炎患者に対する包括的治療法として、歯周組織再生療法を用いて、可及的に歯周組織を再生するとともに、咬合機能の回復に加えて、残存歯の保護を目的として骨接合型インプラントが選択される症例が増えてきています。

川崎市内でインプラントの知識豊富な先生を探す

関連ページ

【川崎市】信頼できるインプラント歯科クリニック

インプラントの知っておきたい基礎知識
デンタルローンとは
インプラント周囲炎とは
サイナスリフト(上顎洞挙上術)とは?
骨量が足りない時に行う
インプラント手術について解説
ソケットリフト(上顎洞挙上術)とは?
インプラントに副作用やリスクはあるの?
インプラントと天然歯の違いについて
インプラントの種類
侵襲が比較的少ない
抜歯即時インプラントとは?
OAMインプラントとは?
インプラントとその他の治療方法の違い